ドラマエンタメろぐ

アラサー女子の気になるドラマ情報を配信。興味のあるものだけ徹底追及そしてドラマの感想も更新!

『コンフィデンスマンJP』第三話!視聴率UP!ネタバレあり感想と視聴率まとめ

長澤まさみさん主演!『コンフィデンスマンJP』第三話が4/23(月)放送されました!

 

前回の吉瀬美智子さんゲスト回に比べると、

やや今回ゲストの石黒賢さんの悪党感?がダウンした感じがしましたが、

それでもやっぱり笑わせてもらいました第三話も!

そんな第三話、ネタバレ少々ありな感想と視聴率まとめです!

 

 

 

 第三話あらすじ

ボクちゃん(東出昌大)は、カフェでアルバイトをしていた画家志望の美大生・須藤ユキ(馬場ふみか)と知り合う。だが、ユキが高名な美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)にもてあそばれ、自殺未遂にまで追い詰められたことを知ったボクちゃんは、城ケ崎から金を奪おうと決意。ダー子(長澤まさみ)には内緒でリチャード(小日向文世)に協力を依頼した。するとリチャードは、大物相手だからダー子を加えた方が良いと判断して、勝手に彼女にも話してしまう。
城ケ崎は、貧しい家庭に生まれ育った。画家だった父は、才能に恵まれなかったものの気位だけは高かったため、母と共に苦労してきたという。美術評論家になったのも父のような画家に引導を渡すためだった。独学で古今東西のあらゆる芸術作品を学んだ城ケ崎は、バブル崩壊後に行方不明になっていたいくつかの名画を発掘して名をはせ、今では美術品を鑑定する冠番組まで持っていた。しかしその本性は、女癖が悪い上に、持ち込まれた美術品の真贋を偽って安く買い上げ、裏社会の顧客に脱税資産やマネーロンダリングの手段として密かに売却して大儲けしている、欲と金にまみれた男だった。
ダー子は、中国人バイヤー“王秀馥”として城ケ崎のオークションハウスに潜入し、金に糸目をつけずに大量の作品を買い上げることで彼の信頼を得る。さらにダー子は、城ケ崎を騙すためのタネとして、旧知の贋作画家で、あらゆる時代の有名画家のタッチを知り尽くしているという伴友則(でんでん)に、ピカソの“まだ世に知られていない作品”の制作を依頼するが……。

コンフィデンスマンJP - フジテレビ より引用

 長澤まさみさらにはじける

長澤まさみさん演じるダー子、さらに加速です笑

第三話は美術評論家・城ケ崎を騙すために中国人バイヤー“王秀馥”として扮装するのですが、もうこれがツボで。オークションで高値をつけるときに「イッシェンマン!」最高でした。

ボクちゃん恋物語

 もはや釣りバカ日誌がごとく、毎回毎回ボクちゃんの恋物語と化しているのではないかと思う今回。でも最後にはあえなく散り、これはまだこの先ずっと続くのだろうか?見ものです。

今回のボクちゃんマドンナは馬場ふみかさんでした。

トレンド入り『3.5億』

城ケ崎が巌の絵を買い占めるとなり最初は1000万だったのですが、王さんが3億と横取りしようとする場面。城ケ崎はその上をいく『3.5億』と告げると王さんはあのブルゾンさんのネタにあるようにニヤつきながら肩をクイクイっとするのでした。

と、その後CMに入るのですが、docomoのCMでブルゾンさんが出てきたのはすごい演出だなと思いました笑

そして第二話から出演のあの男も

そう五十嵐です!五十嵐は第二話から出演、いい仕事しました。

 第三話の視聴率は第二話より1.4ポイントアップ

第二話では初回よりだいぶ視聴率を落としどうなるかと思いましたが、

第三話は第二話より1.4ポイントアップの9.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)でした!

見れば見るほどクセになる中毒性があるようなドラマです。

この調子で目指せ2桁!頑張ってほしいです。

第四話ゲストは佐野史郎

これまたスケールの大きいことが起こりそうな予感です!


【公式】4月期月9『コンフィデンスマンJP』4話「映画マニア編」予告!

見逃し配信はFODで

 

『コンフィデンスマンJP』を見逃した!という方はFODで1週間無料配信中!

無料配信後にもゆっくり見たい、1話から見たい!という方もFODで見れちゃいます。

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】