ドラマエンタメろぐ

アラサー女子の気になるドラマ情報を配信。興味のあるものだけ徹底追及そしてドラマの感想も更新!

『グッド・ドクター』フジテレビ木曜22時 主演山崎賢人!ストーリー・原作・脚本・出演者・主題歌・みどころまとめ

7月スタートの2018年夏ドラマ『グッド・ドクター』フジテレビ木曜22:00
7月12日(木)22:00スタート【初回15分拡大】

 

今若手人気俳優の山崎賢人さんが医師役に挑戦。
共演に上野樹里さんと藤木直人さんも決定し、この夏1番の感動作になっているようです。

ストーリーの内容や出演者、原作脚本、主題歌やみどころ情報についてまとめました!

 


【公式】山﨑賢人主演「グッド・ドクター」30秒ティザー動画 7月12日木曜10時スタート(初回15分拡大)

メインキャスト

山﨑賢人
上野樹里
藤木直人
戸次重幸
中村ゆり
浜野謙太
板尾創路
柄本明 ほか

ストーリー

主人公、新堂湊(山崎賢人)は2人兄弟の次男として生まれ、先天的に自閉症スペクトラム障がい<※注:対人関係や言語の発達に偏りがある者。知的障がいは伴う場合と伴わない場合がある>ながら、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群<※注:特定の分野ですぐれた能力を発揮する者で、知的障がいや発達障がいを有することが多い>の青年。兄から、たゆみなく愛を注がれて過ごす少年時代、湊の才能に気づいていた兄は湊に、将来、医師になるよう勧めます。

その後、湊は兄とのとある出来事が理由で、町の診療所の医師・司賀明(しが・あきら)に出会い、医師の中でも小児外科医になりたいと思うように。司賀と仲良くなった湊は診療所に通い詰め、7歳の時にはすでに人体の器官をすべて暗記してしまい、そんな湊の能力に驚いた司賀は、湊が夢を叶えられるよう支えることを決意します。

膨大な医学書すらすべて暗記してしまう湊は、医学部を主席で卒業し、医師国家試験に合格。そして、大きな病院の院長となった司賀から、自身の病院の小児外科でレジデント<注:後期研修医のこと。医師免許を取得し、さまざまな科を回り臨床経験を積む2年の初期研修を終えた後、後期研修として3~5年、1つの科でさらに専門医を目指して臨床経験を積む専攻医>として働かないか、と声をかけられます。

司賀の誘いにより、レジデントとして小児外科で働くこととなった湊。その時は科内だけでなく院内の誰も想像すらしていませんでした。トラブルばかりを起こす湊から逆に、医師として大切なことを教えてもらうことになるとは。子どもという存在、医師という存在に、これほどまで深く向き合うことになるとは。「すべての子どもを大人にしたい」という湊のぬくもりが患者の子ども、兄弟、親、そして病院を変えていくことになろうとは―。

グッド・ドクター - フジテレビより引用

脚本は徳永友一・大北はるか

徳永友一
海月姫』『僕たちがやりました』『刑事ゆがみ』『嫌われる勇気』
『HOPE~期待ゼロの新入社員~』『信長協奏曲』ほか

大北はるか
好きな人がいること』『帝一の國~学生街の喫茶店~』『刑事ゆがみ』ほか

原作は

「グッド・ドクター」©︎KBS
脚本 パク・ジェボム

 

主題歌はandrop

主題歌androp『Hikari』に決定しました!
ドラマのための書き下ろし作品になります、この曲が収録の新曲は8月29日発売予定です。

みどころは

フジテレビ系初主演ドラマとなる山崎賢人さんの障害を持ちながら小児科医として奮闘する姿を描くこのドラマ、『好きな人がいること』から丸2年、まったく違う難しい役どころとなりますが、上野樹里さん・藤木直人さんと作り上げるこの夏1番の感動作品、楽しみです。