ドラマエンタメろぐ

アラサー女子の気になるドラマ情報を配信。興味のあるものだけ徹底追及そしてドラマの感想も更新!

『グッド・ドクター』第1話から最終話までネタバレあらすじ視聴者の反応・視聴率・見逃し動画無料配信視聴方法!

2018年7月スタート 『グッド・ドクター』

ここでは第1話から最終回までのあらすじとネタバレ情報、視聴者の反応と視聴率情報、
そして見逃しちゃった!という方のための見逃し配信情報をまとめました!


『グッド・ドクター』はFODプレミアムで見放題配信中!

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

【第1話 】7/12放送  最高にピュアな小児外科医誕生!幼き命を守るために闘う医師たちの感動作

あらすじ

朝の通勤時間帯。新堂湊(山﨑賢人)は初出勤のバスに揺られている。その手には木彫りのメスが握られていた。
 

その頃、小児外科医の瀬戸夏美(上野樹里)が働く東郷記念病院では会議が開かれていた。そこには小児外科主任の高山誠司(藤木直人)も出席。議題は人件費削減などによる改善策だ。理事長の東郷美智(中村ゆり)に採算性が悪いと指摘された小児外科の科長、間宮啓介(戸次重幸)はただでさえ人員が足りないと悲鳴をあげる。高山も赤字とは言え小児病棟が減少している中、自分たちの科は子どもたちの最後の砦だと反論。高山の意見に賛成する病院長の司賀明(柄本明)は人員不足の小児科に今日から新しいレジデントを招くと告げる。副院長の猪口隆之介(板尾創路)は黙って双方の意見を聞いていた。レジデントは湊。大学を首席で卒業していたが、司賀はひとつだけ問題があると提示。湊は自閉症スペクトラム障がいだった。医師たちに反対されるが、司賀はサヴァン症候群でもある湊の医師としての能力を高く評価している。

湊がバスを降りると事故が発生。見ると子どもが怪我をして倒れている。通りがかりの医師が容態を診るが、湊は彼の手順を止めて自ら応急処置を施す。湊が子どもの処置を終えた時、救急車が到着。初出勤の病院に急ぎたい湊だが、子どもに付き添うことになる。
 

東郷記念病院では夏美がERから子供の受け入れ連絡を伝えられた。到着した救急車からは子どものストレッチャーと一緒に湊も現れる。心エコー、心囊と繰り返し叫ぶ湊を置き去りに、子どもはオペ室に入れられた。
 

緊急のオペを担当した高山は、子どもの外傷性心タンポナーデを発見しで処置。夏美は湊が心臓をしきりに気にしていたことに思い当たる。手術は無事に終わるが、オペ室の前にはもう湊はいなかった。

湊は司賀たちの待つ会議室へ。だが、先ほどの子どもの応急処置をした現場にカバンを残したことを思い出してすぐに取りに行ってしまう。そんな湊を見た間宮や美智はやはり採用に反対する。だが、司賀は半年間の猶予が欲しいと頼む。もし、その間に湊が医師の資質に欠けると判断されたら病院長の職を辞すという司賀に猪口が賛成。猪口は湊が問題を起こし司賀が病院長を辞したら、小児外科を廃止するつもりなのだ。
 

湊はレジデントとして働くことになるが、自閉症スペクトラム障がいを持つことは医師だけでなく看護師たちや患者の親たちにもすぐに知れ渡ってしまった。夏美は湊に病院内を案内。だが、湊は病院の地図をひと目見ただけで、すべての場所を覚えていた。さらに、患者の子どもたちのカルテもすべて把握。病院スタッフの名前や年齢まで、すぐに覚えてしまう。湊は病棟に飾られた七夕飾りに子どもたちが書いた短冊も眺めていた。

夏美は湊を連れて長期入院をしている柏木将輝(嶺岸煌桜)を回診。自分の退院日を気にする将輝に、湊が再手術のためしばらくは退院できないと告げてしまう。将輝の母、祥子(安堂聖)はこれに激怒。祥子は、将輝に話すタイミングを計っていたのだ。祥子は主治医の間宮に、湊を将輝に近づけないよう依頼する。夏美は湊に将輝の状態を話し、患者や家族の気持ちを考えるよう諭す。しかし、湊には伝わる気配はなかった。


次の日、将輝の症状が急変。主治医の間宮は接待ゴルフの最中で、高山は他の患者の手術中。残されたレジデントたちが処置にあたろうとするがただ右往左往するだけ。排除されそうになりながらも、湊は将輝の容態を的確に見抜き、早急の手術が必要だと指摘。すると将輝はさらに重篤な状態に陥る。湊は将輝のベッドを手術室に運ぶことに。引き止める他のレジデントを制して、看護師の橋口太郎(浜野謙太)が湊を手伝い、将輝を手術室に運び込んだ。自ら処置をしようと湊が器具を用意していると、連絡を受けた夏美が飛び込んで来る。続いてやってきた高山は、現在進行中の手術と同時に手術を行うとスタッフに指示をする。そして、高山は湊を手術室から追い出した。


高山の行った同時手術は2例とも無事に終了。湊は高山や夏美から勝手な行動をとったことを叱られてしまう。だが、将輝の母、祥子の湊への偏見は無くなっていた。夜、将輝の病室を訪ねた湊に、祥子は感謝と謝罪をする。将輝の大切なものだとランドセルを渡す湊に、祥子は心の中を吐露。小学校入学を楽しみにしていた将輝に、辛い治療を行うことを祥子は話せないでいたのだ。かわいそうだと言う祥子に、湊はかわいそうなのは病気になったことで、将輝はかわいそうではないと言う。そもそも大人でも根を上げる最初の治療に耐え抜いた将輝は強い子だと湊。その様子を見ていた夏美も将輝に告知しようと祥子を促す。
 

夏美の付き添いで祥子は将輝に告知。湊の指摘通り、将輝は受け入れた様子。すると、将輝が祥子にランドセルを開けてみてと頼む。祥子が開けると中にはバースデーケーキを囲んだ家族の絵が入っていた。その日は祥子の誕生日だった。将輝は絵を湊に教わったと言う。湊は将輝が短冊に書いた祥子の誕生日を祝いたいという願いを覚え、叶えていたのだ。

視聴率は

第1話の視聴率は11.5%でした
(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

第1話の視聴者の反応は?

ネットでは主演の山崎賢人さんの演技が絶賛されてました。
難しい役だと思いますが、以前演じた「トドメの接吻」のホスト役とはまた全然違う表情でびっくり衝撃でした。

見逃し配信はFODで1週間無料

第1話の見逃し無料配信はこちらから(2018.7.19 20:44まで無料配信)

グッド・ドクター 【無料】#1 2018/7/12放送 最高にピュアな小児外科医誕生!幼き命を守るために闘う医師たちの感動作 - FOD - フジテレビの動画配信サービス

FODプレミアムでは見放題配信中!

放送から1週間以上経過してしまってもFODプレミアムでは見放題配信中!
1話から最新話まで一気に見放題!

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

【第2話 】7/19放送 女子高生が未熟児を緊急出産!小さな命を守りたい・・・ 

あらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は問題を起こしながらも東郷記念病院小児外科でレジデントとして働くことになった。

そんな時、女子高校生の菅原唯菜(山田杏奈)が学校で破水して救急搬送されてきた。カンファレンスで瀬戸夏美(上野樹里)は唯菜の緊急出産を報告。産んだ子は低出生体重児で 腸のほとんどが壊死状態で壊死性腸炎が認められると続けた。しかも、唯菜はこれまで検診を受けたことがない未受診妊婦だった。


その頃、病院の廊下で雑用をしていた湊は歩いて行く唯菜を見つける。唯菜はNICU(新生児集中治療室)で保育器に入れられたわが子にしきりに謝罪していた。すると、湊がこのままだと赤ちゃんは死んでしまうが助かる方法はあると言ってしまった。

唯菜の病室に検診に行った夏美は、高山誠司(藤木直人)の手術なら助かると湊が言ったと聞いて驚く。夏美からの報告を受けた高山は湊をきつく叱る。術中死がともなう可能性が高い手術はせずに、温存治療で赤ちゃんの回復を待つという医局の方針に反していたからだ。湊は夏美からも唯菜の病室やNICUには行くなと言われてしまう。


子どもを助けたい一心の唯菜は夏美に手術をして欲しいと食い下がる。だが、未成年の唯菜では保護者の手術の同意書が必要だと夏美が諭す。すると唯菜の母・真紀(黒沢あすか)がやって来た。唯菜の妊娠、出産を責める真紀は手術同意書へのサインを拒否する。

夏美に叱られながらもNICUへ通う湊は、赤ちゃんの診断画像から腸のガスが動いていることに気づいた。 湊の話を聞いた夏美が赤ちゃんのお腹を触診すると、壊死しているはずの腸が確かに蠕動している。まだ、助けられるかもしれないと、夏美は高山を呼ぶよう湊に指示。夏美自身は、真紀を探して再度、同意書へのサインを求めた。


湊の問題を取り上げている病院の会議室に、湊自身が飛び込んでくる。赤ちゃんの手術をして欲しいと懇願する湊だが、理事長の東郷美智(中村ゆり)は反対。しかし、夏美が真紀の同意を得たことを知った高山は、反対を押し切って手術を行うことにする。手術が失敗した時の責任は司賀明(柄本明)が請け負った。順調に進むかと思えた手術だが、高山に追い出されていた湊がもう一箇所の問題に気づいて報告。高山は湊の報告を認めて続行し、手術を成功させた。


赤ちゃんが助かって喜ぶ唯菜だが、その目になぜか涙が溢れる。真紀が同意書にサインをしたのは赤ちゃんを里子に出すことが条件だったのだ。夏美はなぜそんな条件を出したのかと真紀を責める。だが、貧しい暮らしを知る真紀は赤ちゃんを自分たちと同じ目に遭わせたくなかったのだ。何も言い返すことが出来ない夏美に、湊は遠くにいても産んだのは唯菜で、赤ちゃんにとっては母親だと告げる。

何とかしてあげたい夏美は「養育里親制度」を知り、その資料を唯菜に渡す。養子縁組はせずに一定期間だけ里親に赤ちゃんを預ける制度で、唯菜が学校を卒業し、子どもと生活が出来るようになったら迎えに行けば良いのだ。喜ぶ唯菜。そして、赤ちゃんがいる保育器には湊が描いた唯菜の絵が飾られていた。

猪口は高山の手術は成功したものの、病院のガイドラインを破った湊を問題視。処分を検討しようとする猪口だが、それを制した高山は自ら責任を請け負うと申し出た。

視聴率は

第2話の視聴率は10.6%でした(前回より0.9pt ↓↓)
(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

見逃し配信はFODで1週間無料

第2話の見逃し無料配信はこちらから(2018.7.26 20:59まで無料配信)

グッド・ドクター 【無料】#2 2018/7/19放送 女子高生が未熟児を緊急出産!小さな命を守りたい・・・ - FOD - フジテレビの動画配信サービス

 

【第3話 】7/26放送 

あらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は病院のガイドラインを破ってしまった。問題となった新生児の手術は、高山誠司(藤木直人)が成功させたものの、責任の所在が問われることに。高山は全ての責任は自分にあるとして、謹慎処分を受け入れた。


高山のいない小児外科は大忙し。しかし、高山を謹慎に追いやった張本人のはずの湊は、周囲の目から見ると責任を感じているようには見えない。瀬戸夏美(上野樹里)にも負担がかかるが、彼女の目下の問題は翌週に手術を控えた石山舞(中島琴音)の説得。夏美は怖がる舞に、手術を優しく解説した絵本を描いて渡した。その時、夏美にERから連絡が入る。
 病院に運び込まれたのは6歳の市川美結(竹野谷咲)。病院をたらい回しにされ、既に発症から4時間以上が経過していて容態は重篤だった。夏美は高山に連絡するが繋がらない。謹慎中の高山は、東郷美智(中村ゆり)と久しぶりに二人で過ごしていたのだ。


美結の両親である英雄(髙橋洋)と詩織(前田亜季)は、どうか娘を助けて欲しいと処置室で湊と夏美にすがりつく。美結の様子を見た湊は、一目で緊急手術が必要だと夏美に訴え出す。間もなく美結が心停止。夏美の懸命な心臓マッサージで一命を取り留めた時、間宮啓介(戸次重幸)がやって来た。間宮はすでに美結を手遅れだと判断し、他の病院に回すよう告げる。自分が手術をすると決意する夏美。
 そして美結の手術が始まろうとした時、ようやく高山と連絡が取れる。高山は自分が到着するまで、美結の命をつなぐよう指示するが…。

 

 

 

『グッド・ドクター』はFODプレミアムで配信中!

見逃した!という方はFODでチェック

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】