ドラマエンタメろぐ

アラサー女子の気になるドラマ情報を配信。興味のあるものだけ徹底追及そしてドラマの感想も更新!

『健康で文化的な最低限度の生活』カンテレ火曜21時 主演吉岡里帆!ストーリー・原作・脚本・出演者・主題歌・みどころまとめ

7月スタートの2018年夏ドラマの『健康で文化的な最低限度の生活』
フジテレビ・カンテレ火曜21:00枠、7月17日(火)スタート!

カンテレ火曜21時枠と言えば2018年春ドラマ坂口健太郎さん主演『シグナル』はじめ、刑事ものや復讐系の少しシリアスなドラマが多い印象でしたが、2018年夏ドラマは主演に吉岡里帆さんを迎え、「生活保護」に焦点をあてたヒューマンドラマになっています。

ストーリーの内容や出演者、原作脚本、主題歌やみどころ情報についてまとめました!

 


吉岡里帆主演・新火9ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』【30秒】

 

メインキャスト

吉岡里帆
井浦新
田中圭
遠藤憲一
徳永えり
川栄李奈
山田裕貴
小園凌央
水上京香
内場勝則 ほか

 

ストーリー

誰かの“人生”に寄り添う、新人ケースワーカーの成長物語!
他人の“人生”について、真剣に考えたこと、最近ありますか?

忙しい日々の暮らしの中で、みんな自分自身、せいぜい家族の人生を背負うことで精一杯。
それはそれで、当たり前で仕方ないことなのかもしれません。

このドラマの主人公・義経えみるは、ごくごく平均的で安定志向の新人公務員。
ところが、「生活保護受給者」を支援するケースワーカーというお仕事にいきなり就くことに。

私の“安定”はどこへ行った…?
生活保護現場の壮絶な現実に直面し、戸惑いと計算違いの中で、キャリアをスタートするえみる。

えみるの担当する110世帯には、知れば知るほど奥の深い、それぞれの“人生”があった。
普通に生きてきたはずの彼らの人生は、どこでどう、歯車が狂ってしまったのか?
そして、どうすれば希望ある明日へ向かうことが出来るのか…?

えみるに課せられたミッションは、そんな彼らの人生に、
向き合い、寄り添い、そして自立への道筋を見つけ出していくこと。

でも私は、誰かの人生に影響を及ぼすような大それた人間じゃない…
こんな自分にいったい何ができる――――?

そんな等身大の22歳が、とある事件をきっかけに一念発起。壁にぶつかり、喜び、悲しみ、時には怒り…
そしていつしか、誰かの救いになっていく…このドラマは、そんな物語。

不器用だけど真っすぐなえみるや、彼女を支える個性豊かなメンバーが、
行き詰まった誰かの人生を立て直し、不安や迷いを、明日を生きる希望の光に変えていく!

健康で文化的な最低限度の生活 | 関西テレビ放送 カンテレより引用

 

脚本は矢島弘

 矢島弘
コウノドリ』(第2シリーズ)『残酷な観客達』『毒島ゆり子のせきらら日記』ほか

原作は柏木ハルコ

柏木ハルコ
『健康で文化的な最低限度の生活』
小学館「週刊 ビッグコミックスピリッツ

 

 

主題歌はAAA

「健康で文化的な最低限度の生活」の主題歌は
AAAの『Tomorrow』に決定しました!
3年ぶりのバラードになり、この作品にための書き下ろし楽曲のようです。

 

みどころは

なにかと話題のカンテレ火曜21時ドラマ!
過去復讐や刑事もの、シリアスで息をのむ作品が多かった印象ですが、
今人気の吉岡里帆さん主演のヒューマンドラマということで、新しいジャンルに挑戦という感じがします。
また2018冬ドラマ「アンナチュラル」で口癖が“クソ!”だったクールな解剖士を演じた井浦新さん、2018年「おっさんずラブ」でかなり話題になり、アジア圏人気上昇中の田中圭さんも出演されるということで出演者もバラエティに富んでいて楽しみな作品です。

 

www.tventame.net