ドラマエンタメろぐ

アラサー女子の気になるドラマ情報を配信。興味のあるものだけ徹底追及そしてドラマの感想も更新!

『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』第一話!菜々緒美脚すぎ!ネタバレ感想・ネットの反応まとめ

日本テレビ土曜22時『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』

4/14(土)よりスタートしました!

なんですかあの菜々緒さんの長い脚は…最後に悪い奴をバシっと吹っ飛ばすシーンは快感でしたね!

そんな『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』の個人的な感想、少々ネタバレあり、ネットの反応をまとめてみました。

 

 

 

 第一話のあらすじ

老舗の損害保険会社「共亜火災」に入社することになった博史(佐藤勝利)は、家族に愛されて育った心優しい青年。就職活動中に親しくなった真冬(白石聖)や南雲(前田航基)、関内(山本直寛)と共に、晴れて入社式の日を迎えた。
初めての会社員生活に挑む彼らを待ち受けていたのは、「社員は家族」をモットーとする会長の喜多村(西田敏行)と、腹の奥で何を考えているかわからない社長の大沢(船越英一郎)、切れ者だが心優しき人事部長・千紘(木村佳乃)。そして、大沢の抜擢で「共亜火災」にやってきた人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)。博史たちは、入社翌日から眞子の元で新人研修を受けることになった。
そしてスタートした2週間の新人研修。初日に眞子が新入社員に課したのは「退職願い」を書くことだった。その場で50人の新入社員を研修中に10人に絞ると宣言する眞子。博史たちは10組のチームに分けられ、様々な課題で順位を競うことに。
ランニングや穴掘り、チームの仲間の欠点を挙げるなど、過酷な研修に取り組む博史たち。新入社員たちは次第に疲弊し、研修初日に書いた「退職願い」を提出する者が出始めた。事故で足が不自由になった父・修(鶴見辰吾)と家族のために、歯を食いしばって研修に耐える博史。一方、財務省にコネを持つ日下部(森永悠希)と同じチームになった南雲は、日下部とその取り巻きによって精神的に追い詰められていく。そして遂に30人以上の新入社員が「退職願い」を提出。眞子のやり方に疑問を抱いた千紘は、研修を中止するよう申し入れるが…!?

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子|日本テレビ より引用

さすが菜々緒のハマり役

私も第一話見ましたが、あの脚の長さにしか目がいきませんでした!

スラっと長い脚を出し惜しみすることなく見せていたあの短いスカート。スーツがオシャレでかわいかったですが、あの冷酷な雰囲気と、悪を成敗するキック(かなり足上がってました)、あの何センチあるんだと言いたくなる赤いヒールを履きこなすには相当鍛えないとできないのではないかと。まさに菜々緒さんのハマリ役でした。ネットでも、あの役は菜々緒さん意外にはできないとの声を見ましたが、本当にそう思います。

そしてあの最後の壁ドンは見ていてチビりそうでした笑

ネットの反応は

SexyZone佐藤勝利のかわいさに女性メロメロ

ファンの方すみません、私あまり佐藤勝利さん存じ上げていないのですが、あの弱々しい雰囲気の中にも芯を持っていると言いますか、優しいところがかわいいなと、ネットでも初々しくて菜々緒さんに並ぶくらいハマリ役という意見も多数です。

まだ謎に満ちている椿眞子の正体

第一話の最後に博史(佐藤勝利)が配属されて新しい部署“人材活用ラボ”の室長が眞子を発覚し怯えまくる博史。共亜火災の社長・大沢(船越英一郎)より任を受け、社内のクビ切り部署として今後どのように社内の悪を排除していくのか。椿眞子は本当に何者なのか。

もう1つ気になるのは博史の父(鶴見辰吾)と大沢社長が何らかの関係を持っていること。第二話以降で少しずつあきらかになっていくことでしょう。


[土曜ドラマ Missデビル 人事の悪魔・椿眞子]4月21日(土)夜10時/第2話予告編[日本テレビ]

見逃し配信はHuluで

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中